ボックスハウス ~ホワイトを添えて~  地鎮祭~基礎工事

こんにちは、サラサホーム古河です♪

先日の雪がまだちらほら残っていますが、、、なんとまた雪が降ってしまいましたね(゚д゚)!

車の運転が心配です(;´・ω・)笑

さて、本題ですが❕

新しく始まりました現場、ボックスハウス ~ホワイトを添えて~ のお家をご紹介します?

フレンチのようでオシャレなタイトルですね(o‘∀‘o)*:◦

まずは地鎮祭から始まります。


11.jpg

15.jpg


地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、神様に工事の無事や家族の安全と、建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います(^^)

祭壇の手前にある盛土に、その土地で初めて土をおこす「穿ち初め(うがちぞめ)」を行います。

施工者が鋤(すき)をもって土をすくう所作を3度行い、建て主は、鍬(くわ)をもって土を掘る所作を3度行います。

この時に「えい!えい!えい!」と掛け声を行うんです!

地鎮祭が終わりましたら、配筋検査が行われます?

設計図通りに鉄筋を配置することを「配筋」と呼びます。

配筋検査では、鉄筋の太さ・間隔・鉄筋の重なりの長さ・補強筋等を確認します。

下の写真は、底盤の配筋がタテヨコ20㎝の間隔であることを示しています?

KIMG0657.jpg

KIMG0659.jpg
KIMG0662.jpg

下の写真の、鉄筋を支えている四角い石は「サイコロ」や「ピンコロ」などと呼ばれるものです。

「ベース部」と言われるところでは、かぶり厚は60mm以上と定められており、この寸法以下だと、鉄筋が錆びやすくなり、基礎の寿命が短くなってしまうのです(>_<)

KIMG0671.jpg

見えない部分こそ、きちんとすることが大切です(`・ω・´)

配筋検査が終わりましたら基礎工事に入ります。

こちらは、コンクリートを流し込む前の基礎工事の様子です。

IMG_4667.jpg

IMG_4666.jpg

次回は上棟の様子をアップしたいと思います?

お楽しみください(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)